まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

変えた甲斐あった給食費サイト

プライマリーが
給食費を支払うためのサイトを変えた。


給食費だけでなく
学校で必要な経費のお知らせは
全部ここからメールで来て
パソコンorスマホいじって入金すれば良くなった。


学校で朝、1回£3(朝食付)で子を預かるクラブも
これで支払できるようになり
朝、£1硬貨がないーっ!と騒がなくても良くなった。


でも、一番効果を実感したのが
誤って給食費を2食分未納にしてしまった途端に
学校から子どもの名前入り入金催促メールが来たことだ。(;・∀・)


以前やらかしたときには、もっと行っていたのでね(;゚Д゚)

これで未納が減るとイイね。


ちなみに当時1食£2.22だが£2.29に上がっている(--;)

保護者を動かすには、子どもを動かさないとダメなんです

新学年になり、
プライマリーでは「家庭環境調査票」が配られた。


とはいえ
すでに昨年の内容(氏名・住所・通学方法など)が印刷されていて
変更があれば直し、無くてもサインして提出するだけの
単純作業だよ、こんなの。


なのに Year 6 にもなって、担任が言ったそうな。
「今週中に提出した子には ゴールドコイン2枚ね♪」
ゴールドコイン1枚=家で週3回読書するともらえれる、ごほうび


こうでも言わないとマジで集まんないんでしょうな。
(;゚Д゚)

保護者を動かすのはタイヘンです

給食費はあるサイトに登録して
銀行振込やらカードやらで入金しておくと
そこから引き落とされるようになっている。
給食費のナゾ - まさかを往く


下の子のプライマリーで
そのサイトを変えることになった。
変更のためには
学校から配布される一人ひとり違うID番号が必要だって。


変更する3週間ほど前
A4版が入る白い封筒に入った、ID番号の紙を持ち帰って来た。(デカい)


そして変更した親の数
変更10日前:43%
変更5日前:58%
長期休みが終わった、変更半月後:75%


そんな時期に
学校のフェイスブックにこんなコメントが入った。
「それ登録するのにIDがいるって聞いたけど、いつ持って帰ってくるの?」


他の親がレス
「もう休みに入る前に持ってきたよ」


「えーっ、じゃあ学校の事務所に行って聞いてみるわ」


・・・(´Д`)
ちなみに変更1ヶ月後には96%だそうな。
なかなか100にはならんのな・・・