まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

アッセンブリーに行って来た

なんか、そこまでして電話で呼ばれたんで、アッセンブリーに行って来ました。


うちの子が通うプライマリーは、アッセンブリーで前に出て表彰される子の親しか呼ばれません。


でも、下の子はその日、前に出るとは聞いてなかったそうで、何で来た?と。


アッセンブリーでは、9月に来た転校生が2人、よくこの学校に馴染んだねと表彰されました。


そして、担任に

もう一人、スペシャルがいます

と、うちの子が前に出され

この子は今日が最後で日本に帰る、最初この学校に来たときは何も英語を話せなかったのに、今まで頑張った、ということで

サプライズでクラスの子の寄せ書きを渡されました。


子は、いつ作ったか全然気づかなかったといってます。

意外な子がいっぱい泣いてくれたのを見れて親としてはありがたい限りでした。

電話ではきちんと伝わったかが不安です

下の子のプライマリーの事務所にいる女性から、下の子の最終登校日の前日に電話が来た。


アーユーオーライ?の返答で誰のことを何と返事して良いかとまどったのもあるのだけど。


明日下の子の最終登校日だねー、アッセンブリー(集会)やるんだよ、というので、分かった~と答えたんだが、いよいよ英語が通じてないと思われたらしく、


あなたのダンナに電話しようか?というので


明日、下の子の最終登校日だよ、アッセンブリーがあるのも分かったよ、でも何で今あなたが電話しているのかが分からない、と言ってやったら、


明日、下の子のパパかママはアッセンブリーに来れる?というので、あ~~(о´∀`о)と思い、うん、じゃあ何時に行けば良い?と聞くと14時20分というので、分かった行くね、また明日~と切った。


とりあえず、すぐダンナにラインで連絡。


電話から30分後、ダンナに知らない番号から電話が来た。
誰か分からぬまま出ると、うちのダンナと同じ会社で働いてるというさっきの女性のダンナさんからだった。


ちょっと伝えたかったんだけど、明日下の子の学校でアッセンブリーって聞いた?そこに行かなきゃならないって分かった?おー、分かってたなら良かった、じゃーね、って。


( ; ゜Д゜)
いろいろツッコミたいがご厚意と思っておこう…

Proms in the park 2017 で STEPS をみる

The proms 2017 最終夜 Proms in the park。


16時半過ぎに Hyde Park に着いたら

長ーーーーい手荷物検査の列。
まあ、隣の列の方が進むの速いというお約束を経て、何とか開始前に入場。


行けれるところまで前に行こうと進んだら、ステージ左手側に空いてる場所発見。
なんかロビン・フッドの旗は前ではためくわ、背が高い人に限ってワタシの前に来るだよねえ (+_+)


Texas, Five Guys Named Moe の後
18時半ごろ STEPS 登場


Scared Of The Dark
Stomp
Story of a Heart
Deeper Shade of Blue
Neon Blue
One for Sorrow
Tragedy


今年のアルバムからシングルカットされた3曲とも歌っていただよ。

STEPS が終わったので、係員に再入場できないよ?と確認されつつ早々に退場。


2001年12月に解散後、2011-12年の再結成時には見れなかったので、今年結成20周年で見れる機会があってホントにうれしかったのだった。(*^u^*)