まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

英検2級を受けてみたら

ダンナは
前駐在が決まって受けた
TOEICがナント310点だった。
ええっ?!(´゚д゚`)
そんなので海外に行かせる会社があるんですか、って??


あ・る・ん・で・す!!(*´∀`*)!


そこから1年後、500点目前まで急上昇するも
そこで頭打ちしたまま帰国した。


帰国して英語の勉学に励む
ハズもなく(´・ω・`)
帰国した10年後、まさかの再赴任。


多少の通信教育と日々の業務。


現駐在、赴任3年後
TOEICの代わりに英検2級を受験。
結果:Reading 52% Listening 93%


帰国子女はリスニングで稼いで合格してしまうというが
アンタも帰国子女か?
というような得点比率。


ちなみにワタシ
Reading 81% Listening 73%
現地人と接しないのでリスニングが伸びず
家にひきこもってるのがバレる結果となった・・・(´゚д゚`)


そして今日も英語で苦労する…

なまっとるだか なまっとらんだか も分からんだ

子どもの送迎や車移動の際には Capital FM を聞いとるだよ。


うちのエリアの Capital Breakfast は
数分毎に「Capital」と挟むのがおもろくてさ。
昔、授業中に
教科担任が何回「えー」というか数えたなあ。
そんな感覚。


流行りの曲はだいたい流れるしね。


でも、遠くへ出かけた際 Radio 2 に変えたんだけど・・・
・・
・・・・
何言っとるか全然分からんじゃんね!


そしたらダンナが
さっき(Capital)のはヨークシャー訛りがひどかった と。


(´゚д゚`)
あー、
ワタシは知らんどる間に
クイーンズとか スタンダードな英語じゃなくて
ヨークシャーを聞き分けれるようになってたのか。


ま、確かに日本語でも
M地ゆきおやY野きよみばかり聞いてては
標準語発音は覚えれんのと一緒かあ。(*´Д`)
でもヨークシャーに行って聞く本場のヨークシャー訛りはきっと何にも分からんと思います。

イギリス住宅トラブル3大あるある話

日本にいる頃はあまり気にしないのに
イギリスにいるとなぜか頻発し
エンジニアが来ないと言って嘆く羽目になる
よく聞く事案をご紹介しましょう。


その1
洗濯機が壊れる
うちは前駐在時も洗濯途中で急逝され、大家負担で交換しております。


その2
水が漏れる
水道のパッキンが逝かれるとか
トイレの水が止まらなくなるくらいのカワイイもので済めばともかく
なぜか屋内の配管が逝かれ、天井が水で染みる話も良く聞きます。


前駐在時に洗濯機が急逝された際
なぜかドラムからあふれた水がそのまま下へ抜け
玄関内に大量の雨を降らせました。


現駐在時では
洗濯機の給水部分で漏れが発生し、
床に流れ出ていたのに気づかず放置。
床タイルの四隅がはがれかけてきてます。


その3
ボイラーが壊れる
年に一度、ガス器具の点検を義務でやっているはずなのに
突然死します。
冬に家が暖まらなくなるとか、湯が出なくなるという話は尽きません。


・・・
最近、天井に水漏れの跡を見つけまして。
位置的にボイラー(湯タンク)が怪しいとドアを開けたら
タンクが空になるほどの水漏れにより、ボイラー即交換決定。
その前にカーペットも天井も張り替えないといけないという重症でした。


1週間ほど湯が出ないの決定しました。
とうとう、うちも3あるコンプリートしてしまいました。(´;ω;`)


何で大量の水が入ったタンクを2階のカーペット敷きの場所に置くかねえ?
風呂をどうするかは・・・聞かないでやってください。