まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

うちは周りにはギリギリまで言わなかった派

子どもらには内々示が出た翌日
「イギリスに行くことになった」と伝えましたが、
その場で厳重口外禁止令を出しました。


特に、小学校の担任やママさんたちには、ギリギリまで耳に入らないようにしてました。
途中気が変わって帯同やめるかもしれんし、あんまり早く言って「どうせあいつおらんくなるし」とか言われても困るし。


でも、それをやって一番困ったのが
ビザを取りに行くために学校を休まにゃならん時。
指紋取るもん子ども本人も要るし、申請時間は見事に学校がある時間帯しかなく。


気まずいことに、その前月「家の都合で休ませます」と書いて在所に行ってきたら、たまたまその翌日、別の子が休んでネズミ―に行ったのが他の子から担任の耳に入ったらしく、うちの子も聞かれちゃっていて。


どうしよう、なんか言われるかなと考えながらも、どうせ行った場所を聞かれるならと
「子どもの父の仕事の都合で東京に行きます」と書いておきました。
↑もう意味不明。


でも、他の子どもが騒がなければ担任も聞かないようで、ビザ申請しに行ったのか日テレに行ったのか分からんくらい日テレプラザで遊んだこともバレませんでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。