まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

家を貸しているので確定申告しに税務署へ(前編)

海外赴任中、日本の持ち家を、会社に貸しています。
20%ほどの源泉徴収を取られています。
これの還付申告をすると結構な額が返ってくると聞いて、やってみることにします。


支払調書…そういえば会社から来ていましたな。
家の税金 - 海外赴任naviに、経費となる項目がありました。


経費となる項目
固定資産税、都市計画税
 →銀行口座から引き落とされた額をチェック
建物の減価償却費
 →計算めんどいんだけどがんばる(後述)
住宅ローンの支払利息
 →銀行から来た契約内容でチェック
建物にかけている火災保険料
 →30年一括払いなので総額を30で割ってみた
 →地震保険料も足す
貸し出すに際して行った修繕費(ハウスクリーニングなど)
 →行ったから入れておこうか
賃貸期間中に発生した修理費(給湯器の修理など)
不動産会社などに業務を委託した場合の手数料
マンションの管理費
その他、賃貸にかかわる費用
 →これらはうちにはないな


これらをまとめて持って税務署に行きます。
子連れで行ったことを後悔するほど時間食います。→続く

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。