まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

担任に知らせた日

11月下旬、学年末に転出する子の数を調査する用紙が配られました。
提出期限は2学期終業式の日。
期限ギリギリに書いて提出しようと思った矢先の12月上旬。


上の子が
委員会活動で2月に行事があるらしい。
でも、自分はその時いない。
委員会の先生に言おうと思ったが、担任の先生も知らないのに言えない。


とか言い出して。
その日急いで上の子の担任に手紙を書いて、きょうだいの用紙とともに封筒に入れ、周りに見えないようにして持たせてやりました。
本人がまだ周りに知られたくないという気持ちなので、まだ職員室の中だけで収めてくださいと添えて。


まあ、委員会のことがあったのですぐ動いたけど。
その日はまさかの2学期授業参観・学級懇談会の日。
学級懇談会終了直後、すぐに担任がやって来て、小さい声でとはいえ、
いやー驚きましたよーいつご出発ですかーって、
おいおい、今ここでその話をするかいね?まだみんなおるだけど?!(;゚Д゚)
(結果的にはバレてなかったけど)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。