まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

持っていった札がニセモノか疑惑

あれは十数年前の年末。
前回の駐在中に第1子を出産。子どもに会いにチチハハがやって来ました。
今回の渡英の際、その時余って残っていた紙幣をもらいました。


さて渡英直後、市中の本屋に行き、その札を使って支払をしようとするのですが、レジの機械がその札を読み取ってくれません。


何度やっても読み込みません。


レジ係は他の店員に聞きにいきました。
聞かれた人「それは前のお札よ、知らないの?」
レジ係「そうなの?これは初めて見たわ」


どうも、今の紙幣には銀のキラキラが付いているのですが、以前の紙幣にはそれがなかったので、レジで読まなかったと。


まあ、今回はホンモノと分かって使用できて良かったのですが、古いものはサッサと使った方が良いと学んだのでした。
使えれるうちに使え。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。