まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

太陽光発電付の家を借りていた人が退去した

海外赴任のために貸したお家の借り手さんが退去されることになりました。
太陽光発電が付いているために、うちが電気の契約を再度しなくてはなりません。
(発電した電気を売らなければ必要ないんですけど、何のために発電設備を付けたんだっていう話になるんで、素直に電気の契約をします)



電気の契約をしても全く使用しなければ、基本料金が半額になるそうです。
でも、うちは契約するなら24時間換気をつけるのでゼロにはならず、半額にもなりません。


カスタマーセンターには国際電話でかけ(向こうも電話番号の表示が違うから海外からだという認識はあったし)貸している家の方が出るので空き家になりますと伝えたはずでした。なのに・・・。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。