まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

容量は見る方によっても変わります

日本から来るとき

規定容量に絶対収まらないことは分かっていたので

容積が書かれたリストをいただいて

何を持っていくのか、手放すのかを熟考。

↓ヤマトさんのはこんな感じ。

日本では見積もった3社ともいただけました。


こんなのをこちらのヤマトさんでもいただきたかったのだけど

見積時に「リストが欲しい」と言っても

全く通じないでございますわよ。


こんなの、とお見せしました。

こちらには(そんなの)ないという結論だったんですが。


でもほら、うち日本から持ってきたものをそのまま持って帰るんでね、

はからずも、家具の大きさの比較が出来たわけですわ。


全体的に日本より小さく見られていて、

特に日本で1m3とある家具が、こちらでは0.7m3とあって。

0.3って、一番小さい箱3つ分違うもんねえ。

ホントに入るのか確認しまくりましたわ。


同じ会社でも、見る方が違うだけで容積変わりますだ…。

でも、選ばなかった理由はソコではないです。(。・_・。)キッパリ


ちなみに今回の業者さんからは家具の大きさと箱数のリストをいただきました。

皿の箱数がやたら多いんですけど…どんだけ紙(緩衝材)を詰められるんでしょうか??

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。