まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

昔の名前で出ています

前駐在時
この街にあったカイロプラクティック院に通っていた。


ドクターはアメリカ人で
奥さんがイギリス人で
近い将来アメリカに帰りたいと言っていた。


今回の駐在で
前にカイロ院があった場所に行ってみたが
やっぱりなくなっていた。


仕方がないので
ネットで良さげなカイロ院を探して
同じ道沿いにあったところに予約を取りに行った。


出て来たドクターは
あのアメリカ人ではなかった。


が、数日後、予約の時間に行くと
「久しぶりなんだね」と言われ
驚いて不思議がるワタシに
前駐在時のワタシのカルテを見せてきた。


よくよく聞くと
彼はあのアメリカ人の元患者で
勉強してカイロドクターになり
アメリカ人から院を全部引き継いだらしい。


言われるまで気づかなかったが
院の名前もマークも看板も電話番号も、全部一緒だった。


にしても
10年以上前のカルテなんか、よくあったよな。


あのアメリカ人は、今はスペインにいると。
アメリカじゃないんかーい(´゚д゚`)


アメリカ人の時と同様に
背中・腰・首を、それはそれはバッキバキに鳴らされて
苦笑しちゃったよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。