まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

体育大会、トラックでリレーする

この辺のセカンダリーが集まる体育大会が開かれた。
会場は結構ちゃんとした陸上競技場。


4×100mリレーがあり
上の子が通うセカンダリーからは
直線100mのタイムで決めたらしい4人が出てきた。


レースは
1走・2走・3走(うちの子)といい感じにつないできて
さあ、アンカーのBちゃんへというとき
バトンパスのミスが出て大失速。


あとで聞くと
Bちゃんはテイクオーバーゾーンで走り出すことなく
その場で止まったまま
うちの子が来るのを待っていたそうな。(´゚д゚`)


そんなBちゃんに
うちの子は怒ったが
1走・2走の子はもっと大激怒。
何で走り出さないのよ?!
こんなことなら、うちの子にアンカーさせれば良かったわ!!って。
その間Bちゃんは謝りもしなかったと。←そんな態度も怒れる要素


よくよく聞くと
この4人
学校で一度もバトンパスの練習をしたことがなかったという。


そのうえ、走順をその場で決めた。
ここで、Bちゃんが
「自分が一番速いんだからアンカーやる」と言い張り
他の3人(特にうちの子)は譲らざるを得なかったそうな。


・・・で、この結果。


でもね、たぶんだけど
プライマリーの時のリレーは
みんな前から走ってくるから
リードする(走り出す)必要なんかなくてね。
↓プライマリーの時のタッチの様子

Bちゃんはプライマリーの時と同じようにやっただけだと思われる。


もしかしたら、Bちゃんが規模の小さいプライマリー卒だったら
リレー自体の経験すらロクになかったのかもしれない。


これらのプライマリーでの様子を知らなかったら
ワタシもBちゃんを責めたと思うが
うちの子に「次からは練習しろ」としか言えなかったよ。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。