まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

人気校が新セカンダリー造るってよ、でも

この街にはセカンダリーが2校あるが、それはそれは評判がよろしくなく、
両校とも定員50~100人割れを起こしている。
この辺では、バスに20~30分乗って周辺の町村に通うのが普通だ。
(そんな学校が軽く数えて5校+入試がある学校が2校ある)


その受入れ校の1つ、制服が緑色の学校(緑校)のスポンサーが
この街に第3のセカンダリーを作ると言い出した。
緑校の ofsted 評価は最高の outstanding 。
そこが、お勉強を重視した outstanding な学校を作ると。


親も、ここの学校が評判が悪いから遠くまで通わせているのであって
近くにいい学校があればそこに行くんだ・・・と言わんばかり
説明会のたびに毎回満席御礼状態。


2017年9月開校(予定)。
第1期生を学校が直接募集し、定員を超える願書を受け付けた。


ただ・・・
この学校
ナショナルデー(進学先が決まる日:17年は3月1日)の半月前だというのに


建設地未発表


しかも、本当に2017年9月に開校できるかは2017年2月末に知らせ
開校できる場合は、その時に場所も連絡する。
間に合わなければ2018年秋に延期すると。


もし開校しなかった時のために、お役所に願書を出しておけともあったので
進学先には困らないかもしれないけど
何でそんなに遅れるのかねー?
それでいいのかねえ??

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。