まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

スイミングクラブについて

イギリスで水泳選手やりたいなら、行くのはスイミングクラブです。
スクールでは速さは期待できません。

この辺では
公営のスイミングプールをスイミングクラブが借りて運営してます。


週に1回クラブデー(活動日)があって
あとは水泳のレベルに応じて週行く回数を増やしている感じです。
(フツーの人は最高週2しか行けれず、速くなればもっと増やせれる感じ)


コーチ陣は資格を持っているけれど、ボランティアで教えてます。
16歳から一番下の資格が取れるみたいで、最近までそこで泳いでた速かった子が教えてたりしますが、大半は他に仕事を持つオジサンやじーちゃんたちです。


入会資格も
4泳法泳げて選手になりたい7~10歳、あなたを待ってる!ってところや
11歳以下は50m、11歳以上は400m泳げれること、って差があり過ぎだろとか。
でも、うちが行ったのは
4歳からウエルカムってところでした。


年齢の割には泳げれるって方は
入会の際に泳ぎを見てもらえれるところがいいと思います。


というのも下の子は大手?スイミングスクールで4泳法を終わらせ
100m個人メドレー級のところで辞めて来たのですが
7歳というだけで小プールに振り分けられ
クロールの息継ぎやらカエル足やら練習してました...


しかし、大プールでコーチ陣のトップがバタフライを泳がせた際
タイミングが合わなくて前に進まず溺れそうな現地の子の横から
1ストローク2キックでバシバシ進むうちの子を見て
すぐ大プールに移動させてくれたので。


うちの子泳げれるって言ったんですけどね~
現地の子はちょっとできるとすごーいできるようなこと言うので
信じてもらえれなかったみたいです。(´;ω;`)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。