まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

学校選択・キャッチメントと、きょうだい枠

ここのお役所が
入学希望者が定員より多かった場合にあった
きょうだいがその学校に通っているけど、校区外(キャッチメント外)に住んでいる子
の優先枠を廃止したらしい。
(でも、その学校のキャッチメント内に住んでいて、きょうだいがいる子には、きょうだいがいない子より優先されるのは残っている)


毎年、希望者が定員数内に収まってるなら、みんな入れて問題ない。(不人気校だという問題はあるかもだけど)
けど、毎年定員超過してるとか、昨年まで定員内に収まっていたのに、今年は希望者が多かったって場合に、きょうだい枠がないと、きょうだいが別の学校に行かされる可能性が高くなってしまう。


うちの子が通うprimary、昔は多少キャッチメント外からでも入れたみたいだけど(うちもエリア外なのに、上の子の存在を強調して入ったし)最近、大規模住宅地をあちこちで建設中で、子どもの人数も増えるとあって、そうもいかなくなってきた。


ということで
キャッチメントは大事だよと。


これ見て、上の子(越境中)が通うsecondaryにある定員超過時の選び方を確認したら、キャッチメントエリア外でもきょうだい優先枠がまだまだバッチリあった。良かった…(´・ω・`)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。