まさかを往く

人生の3つの坂、上り坂・下り坂・まさかというけれど、まさか、また海外赴任があるなんて。しかも同じ国に2回目(イギリス)だなんて。

いい学校って

primary編入の際
上の子の学年には空きがあってすぐ決まったものの
下の子の学年には空きがなくて断られ
お役所に割り当てられた学校が不人気校らしくて
周囲の行かせるな圧力がすごいため
お役所に上の子と同じ学校に行けれるよう
アピールすることになりました。


先に上の子が編入するからと学校に行った際
学校側が日本にいたことがあるという保護者を
通訳として用意してくれていて
その人がアピールの申請をしてくれました。


まあ、それから
1ヶ月半後のアピール当日までにいろいろありましてね…
アピール当日は、その保護者ではなく
ダンナの勤務先本社から日本人(通訳担当)と
仕事で来れないダンナの代わりに人事課の人(現地人)が来てくれました。


渡されたアピール用資料には
何でうちが断られたのかがA4用紙5枚ほどに書かれています。


まとめると
うちがキャッチメント(校区)から、ちょっとだけ外れていること。
うちの子の学年は、定員60人のところ62人いること。(゚Д゚;)
どの学年も定員ギリギリの人数に対して
学校の敷地が狭いうえに、増築を重ねたためもっと狭く
施設面でも人数超過で受け入れれないこと。


これを読んだ人事課の人(現地人)がビックリして。
あなた、こんな学校に行かせたいの?!
こんなに運動場も狭いなんて。
もっと広くて、もっといい学校あるわよ!!


(´;ω;`)ウッ…
いい学校ってなんなんですかね?


結局アピールは、うちの事情を考慮してくれて成功しました。
まだひどいことはされてないのでいい学校・・・かな?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。